ジオン注射(ALTA療法)によるいぼ痔の日帰り手術

おおさわ胃腸肛門クリニック痔の日帰り手術NAVI

切らずに注射で治す、いぼ痔の治療方法!ジオン注射(ALTA療法)

従来は手術でしか治すことができなかったいぼ痔を、注射だけで治すことが可能になりました。
注射だけですから日帰りで安心して受けることができますし、切開にともなう痛みもありません。いぼ痔で人知れずお悩みになっている方にとって、待ち望んでいた治療法がジオン注射=ALTA療法(アルタ療法)です。
当院の院長は多数の症例を経験しており、患者さまから「いぼ痔がこんなに楽に治るなんて」「もっと早く受けたらよかった」といった多くの声をいただいています。

いぼ痔の治療をこんな理由でためらっている方におすすめの治療です

  • 肛門科への通院自体が恥ずかしい
  • 気付かれたらと思うと二の足を踏む
  • できれば、こっそり痔を治したい
  • 会社や学校を休まないで治したい
  • 通院回数が多いのは厳しい
  • 手術や治療が痛いのではと思うと怖く、嫌だ
  • 診察でなにをされるのか不安
  • 治療後も痛みがあるのではと心配
  • 治療後に肛門がゆるくなったら困る

いぼ痔も早期治療でしたら、お薬だけ、あるいは痛みのない注射による日帰りで治すことができます。

こんな症状があったら、早めにご相談ください。
いっしょに痔のお悩みを解決しましょう。

ジオン注射(ALTA療法)は、いぼ痔に効果的な治療法です

  • 座薬や軟膏を肛門に注入する治療では治らない
  • 排便時によく出血する
  • 排便時に脱肛するが、時間が経つと自然に戻る
  • 排便時に脱肛し、指で押し込まないと戻らない

いぼ痔(内痔核)で脱肛をともなっている場合、ジオン注射(ALTA・アルタ療法)での治療をおすすめできます。
治療中や治療後の痛みがほとんどなく、注射だけですので日帰りで治療を受けられます。

ジオン注射

ジオン注射

ジオン注射(ALTA・アルタ療法)は、従来であれば手術が必要だと判断されるケースでも治療可能であり、治療方法はジオンを痔核に直接注射するだけの硬化療法で、手術と同程度の効果を得られると数々の症例で証明されています。そのため、手術に代わる治療法として期待され、平成17年の5月から医療保険が適用になったことで注目を集めました。当院でもお問い合わせやご希望が増えており、治療効果だけでなく、身体的そして精神的負担が軽減されることから治療を受けた方より好評をいただいている治療法です。

ジオン注射(ALTA療法)の内容

ジオンの成分

硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸を有効成分とする、強力な硬化剤であるジオンという薬剤です。
こうした成分が、痔核の脱出や出血症状を改善します。

【硫酸アルミニウムカリウム】

痔核に炎症、線維化を起こすことで痔核を退縮させ、脱出や出血症状を改善します。

【タンニン酸】

硫酸アルミニウムカリウムによる過度な炎症を抑制することで、組織障害を防止します。

ジオン注投与後は?

ジオン注投与後は?

  • 注射直後から内痔核の縮小傾向が見られます。
  • 注射した針の穴から流れでた血液がたまっている場合があります。
  • 最初の排便時には血液が出てくることがありますが、心配ありません。

pic_ジオン注投与後は?

  • 翌日から脱出がなくなります。
  • 痔が硬くなり、排便時の違和感、引っかかる感じを受ける方がいます。(通常1、2週間程度)
  • 癒着、固定はどんどん強くなっていきます(約1か月)

ジオン注射が受けられない方

  • 1.妊娠中・授乳中の方
  • 2.透析を受けられている方
  • 3.前立腺がんなどで放射線治療の既往をお持ちの方
  • 4.潰瘍性大腸炎の方
  • 5.小児
  • 6.嵌頓痔核の方
  • 7.全身状態不良の方

ジオン注射(ALTA療法)の流れ

  1. 最初に、局所麻酔か仙骨硬膜外麻酔を行います。
  2. 麻酔が効いてきたら、ジオン注射を行います。1つの痔核に対して4ヵ所に分割して局所注射する四段階注射法という方法で行います。分割する4ヶ所は、上極部粘膜下層、中央部粘膜下層、中央部粘膜固有層、下極部粘膜下層です。麻酔も含め、治療の所要時間は約30分です。
  3. 治療後、しばらくすると出血が止まり、脱出も軽くなっていきます。
  4. 脱出が見られなくなるまでには個人差がありますが、1週間から1ヶ月程度が目安です。

・肛門の皮膚部分にも腫れがある場合には、五段階注射法を行います。
四段階注射法に加え、皮膚の部分にもジオン注射を行うことを、五段階注射法と呼びます。ジオン注射の導入当初は皮膚の部分に注射出来ないと考えられていましたが、一定量であれば可能であり効果があることが実証されました。粘膜部分だけでなく、皮膚の部分にも腫れがある方もジオン注射の治療が受けられます。

メリット・デメリット

【メリット】

脱肛をともなう内痔核の一部が、手術による切開なく、注射だけで治療できることが最大の特徴です。

  • 入院の必要がないため、お仕事や家事を長期に休む必要がありません。
  • 切開しないので痛みや出血が少なく抑えられます。
  • 治療期間が短いので、身体的・精神的な負担が軽減されます。
  • 保険適用の治療であり、入院費が必要ないので、経済的負担も軽減されます。
【デメリット】
  • すべての脱肛する内痔核を治せる治療法ではありません。症例により手術が必要となったり、手術とジオン注射を併用する治療が望ましいケースもあります。
  • 約10%に再発を認めます。
  • ジオン(ALTA)を患部に注射する四段階注射法は、場所の見極めや注射の方法などをきめ細かく調整しながら行う難度の高い技術です。そのため、ジオン注射の教育を受けた医師が在籍する施設のみで治療が行えます。そのため、肛門科であってもクリニックや病院により受けられない施設があります。

術後の注意

ジオン注射の治療自体は日帰りで受けられますが、ジオン注射施行後2日程、ご自宅で安静にしていただく必要があります。 また、痔核に注入された硫酸アルミニウムカリウムは、腎臓から尿中に排泄されるため、それを促す意味で十分な水分摂取と、尿量の確保が重要になってきます。十分な水分摂取については、事前にしっかりご説明しますが、手術前から留意する必要があります。

副作用

注射を打った部分の痛みや腫れの他、発熱したり、肛門部が重いように感じるケースがあります。

「術後が楽」なジオン注射

warts_hemorrhoids_image03当院の院長は、多数のジオン注射(ALTA療法)を経験しており、その中で重篤な副作用を経験したことは全くありません。治療後は肛門付近の違和感や軽い痛みがある場合もありますが、翌日にはほとんど消失しています。
術後は、注入軟膏をご使用いただきます。これは出血の予防、ジオン注射によって引き起こされた炎症を抑えるためです。
また、アルミニウムの化合物の注入に懸念を持たれる方もいらっしゃいますが、治療後に十分な水分補給をすることで約24時間以内に排泄されますので、問題はありません。

当院で 痔の日帰り治療を行う 5つのメリット

  1. 胃腸科・内科と併設ですから、気軽に通院できます。
    痔を人知れずお悩みの方は多いと思います。当院は胃腸科と内科を併設しており、人目を気にすることなく通院いただけます。楽に受けられる内視鏡検査なども行っているため健康に対する意識の高い患者さまが多いクリニックです。
  2. 日帰りで受けられます。
    ジオン注射そのものは痛みを感じません。そのため、麻酔は鎮静剤+局所麻酔で行うことが多いです。一般的に治療を受けた翌日から通常の日常生活を送ることができるので、お仕事への復帰も翌日から可能です。
  3. 平日だけでなく、土曜日も終日手術、診察を行っています。
    休診日の木曜日、日曜日、祝日を除き、毎日、午前と午後の診療を行っており、土曜日もジオン注射のご予約可能です。
  4. 外科、肛門科、消化器外科などの専門医であり、豊富な実績を持った院長が治療を行います。
    大学病院および肛門専門施設で研鑽を積んだ院長が、豊富な経験をもとにジオン注射(ALTA療法)を行っています。
  5. 術前・術後のサポートも万全です。
    ジオン注射(ALTA療法)症例を含む肛門科日帰り手術では、術前の丁寧なご説明と、術後のしっかりした管理体制で患者さまをサポートしています。ご理解いただいていることから、当院の治療で重篤な副作用は経験していません。

いぼ痔は、症状が軽い場合、薬の処方のみで治療可能なこともあります。その反面、悪化すると難しい治療が必要になってしまい、リスクも高まり、治療期間も長引きます。おかしいなと感じたら、早めにご来院ください。

出血や痛みだけでなく、なんらかの違和感などの異変があったら、お気軽にご相談下さい。胃腸や内科の診療も行っていますので、そちらでご来院いただいた際、ついでに気になるおしりの症状についてお話くださっても大丈夫です。

手術費用について

いぼ痔の手術は健康保険が適用されます。
症状などにより費用は異なってきますので、目安の金額をご紹介します。
3割負担の場合の費用です。

手術内容 手術費用
ジオン注射(ALTA療法) 約20,000円

 

こちらのボタンから田辺三菱製薬のジオン説明ページが見られます。

メールでのお問い合わせ
おおさわ胃腸肛門クリニック当院の口コミを見る当院の口コミを書く