いぼ痔について

おおさわ胃腸肛門クリニック痔の日帰り手術NAVI

いぼ痔(痔核)とは

いぼ痔(痔核)は、肛門にいぼ状の腫れができている状態です。歯状線(直腸と肛門上皮の境界にあります)より内側(直腸側)にできる痔核を「内痔核」、外側(肛門上皮側)にできるものを「外痔核」と呼びます。
痔核は、主に排便時のいきみや便秘などにより、肛門に負荷がかかることが原因となって起こります。負荷が直腸肛門部の血液循環を悪化させ、毛細血管の集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血し、腫れあがっている状態です。内痔核と外痔核はできる場所の違いから症状も異なってきます。

いぼ痔(内痔核)の主な症状

いぼ痔(内痔核)

内痔核は歯状線より上の粘膜下の静脈叢がうっ血してできた、いぼ状の腫れであり、排便時の負荷等により起こります。
内痔核ができる直腸下部の粘膜には痛みを感じる知覚神経がないため、痛みを感じることは少なく、出血が起こってはじめて痔に気付くケースが多くなっています。
排便時に便器が真っ赤になるほど大量の出血を起こすこともあります。症状が進むと排便時に内痔核が肛門の外に出てきます。また炎症等による痛みが生じてくる場合もあります。

主な症状

・痛みはない(症状が進み炎症が起こると痛みが出ます)
・排便時の出血(鮮血がポタポタ出てくる/シャーッと鮮血がほとばしる)
・肛門からいぼ状の痔核が出てくる

Goligher分類

1度

1度

  • 腫れが肛門内にとどまり、脱出しないもの。
  • 痛みはない。
  • 排便時に出血することがある。
2度

  • 排便時に脱出するが、排便後は自然に戻るもの。
  • 痛みをともなう場合がある。
  • 排便時に出血することがある
3度

  • 排便時に脱出し指などで押し込まないともどらないもの。
  • 痛みをともなう場合がある。
  • 排便時に出血することがある。
4度嵌頓痔核

  • 常に肛門外に脱出しているもの。
  • 指などで押し込んでももどらないもの。
  • 嵌頓痔核は内痔核が脱出し括約筋に締めつけられ腫れ上がったもの。激痛を伴う

 

血栓性外痔核

  • 肛門周囲に血の塊ができたもの。
  • 激しく痛むものから違和感程度のものまであり。
  • イキみすぎたり、重いものを持った時にできる。

ドクター

いぼ痔(外痔核)の主な症状

いぼ痔(外痔核)

外痔核は歯状線より下の皮膚部分の静脈叢がうっ血してできた、いぼ状の腫れであり、排便時の負荷等により起こります。
外痔核は肛門上皮から肛門外側の皮膚にできます。知覚神経があるため、痛みを感じることも多いです。
血のかたまりである血栓ができて、大きく腫れ上がる血栓性外痔核という外痔核もあります。発症時に急性の炎症(静脈炎)をともなう場合には、強い痛みを感じます。

主な症状

・痛みがある (ことが多い)
・大きく腫れた際に、激しく痛む

治療法

 ジオン注射(ALTA療法)

warts_hemorrhoids_image01内痔核に適応される治療法です。注射をいぼ痔に打つだけで、脱出や出血がなくなります。痛みもなく、翌日から日常生活に復帰できます。ただし、10%程度の再発が認められます。 

詳細はこちら>>

結紮切除術

一般的に行われている内痔核の根治手術です。内痔核を結紮して切除します。できるだけ機能を損ねないよう行いますが、痛みや出血リスクは高く、排便障害が起こる可能性もゼロではありません。

結紮切除術

「一般的に行われている痔核の根治手術です。内痔核、内外痔核問わず、どんな病変にも対応できます。痔核を外側から切除していき、根本でしばって切り取ります。再発は少ないですが、術後の痛みが強く、出血のリスクもあります。また、複数個切除した場合、肛門狭窄を起こす可能性があります。内痔核だけの病変に対しては、日帰り手術ではジオン注射のみを行うことがほとんどです。」

 

 

 

ジオン注射+結紮切除術 

「内外痔核が適応です。内痔核成分にはジオン注射、注射の効かない外痔核成分は切除するといったハイブリッド手術を行います。お互いの治療法のいいとこ取りといった方法です。根治性が高い上に、術後の痛みと出血のリスクも抑えられます。日帰り手術や短期入院での手術によく行われる方法です。

 

 

 

ACL(肛門クッション吊り上げ術)法

従来の手術のように患部を切り取らず、剥離して吊り上げ、元の位置に戻す治療法です。肛門機能を温存でき、術後の疼痛も少なく、見た目も美しい治療方法です。  tejun2

詳細はこちら>>

 

 

 

 

 

輪ゴム結紮術

いぼ状の内痔核の根本を輪ゴムで縛り、血流を止めて数日後に脱落させる治療法です。脱落するまでは下痢や便秘をしないよう十分注意する必要があります。
デメリットとして、外痔核には適応がないこと。根治性はなく、しばらくすると元の症状にもどってしまいます。

 

 

PPH法(内痔核の切除しない手術)

痔核上方の直腸粘膜と血管を環状に切除して吻合することで、痔核を正常の位置に吊り上げて縮小させます。知覚神経のある肛門周囲の皮膚を切開しないため術後疼痛が少なくなっています。

ji_img07

 

 

 

 

 

 

手術費用について

いぼ痔の手術は健康保険が適用されます。
症状などにより費用は異なってきますので、目安の金額をご紹介します。
3割負担の場合の費用です。

手術内容 手術費用
ジオン注射(ALTA療法) 約20,000円
ACL(肛門クッション吊り上げ術)法 約30,000円
結紮切除術  約20,000円~約30,000円
メールでのお問い合わせ
おおさわ胃腸肛門クリニック当院の口コミを見る当院の口コミを書く