その他の肛門の病気

おおさわ胃腸肛門クリニック痔の日帰り手術NAVI

クローン病に伴う肛門の病気について

クローン病とは

クローン病は免疫異常をともなう原因不明の病気であり、口から肛門までの全消化管に炎症性潰瘍などの病変ができます。好発部位は小腸の末端部ですが、高率に肛門病変を併発します。裂肛や痔ろう、肛門周囲膿瘍(のうよう)など痔の症状や浮腫状皮垂(ふしゅじょうひすい)などが多く現れます。また、女性の場合には直腸肛門膣瘻(ろう)といって、膣と肛門に交通ができてしまうこともあります。

炎症と潰瘍以外の症状には、腹痛、下痢、発熱、口内炎、体重減少、貧血、非定型的肛門病変などがあり、10代から30代の若い人に多く見られる病気です。直腸にクローン病変がある場合、肛門病変は必ず併発します。そのため肛門病変からクローン病診断につながることも多くなっています。

肛門病変に気づいたら

肛門病変に気付いたり、複雑な痔ろうの症状がある方は、クローン病に詳しい消化器専門医の診断を受けることをおすすめします。

クローン病による肛門病変

裂肛、深い下掘れ潰瘍、浮腫状皮垂など、クローン病による肛門病変は一次性病変と呼ばれます。一次性病変に感染や瘻孔形成などの変化が加わると、複雑痔ろう、肛門周囲膿瘍、皮垂、肛門狭窄(きょうさく)などが起こる可能性があり、これは二次性病変と呼ばれます。
裂肛や肛門潰瘍は、痛みは比較的軽い傾向があります。ただし、クローン病の裂肛は、深く、不整形であり、多発しやすく、歯状線(しじょうせん)より表側に広がっていくことが多くなります。また、クローン病による痔ろうは、瘻管の走行が複雑なのが特徴で、ルートは非定型的で長く太く、枝分かれして二次口多発という傾向がみられます。

検査と診断

肛門病変自体の組織検査はあまり有効ではないため、肛門部の所見からクローン病の可能性がある場合、消化管内視鏡検査などを行って、特徴的な消化器症状や病変などがないかを詳細に調べます。

治療の方法

肛門病変にはまず保存的治療を優先し、腸管を休ませるための栄養療法や副腎皮質ホルモン・サラゾスルファピリジン・メサラジン・免疫抑制剤などを使った薬物療法を行います。
保存療法で病変や症状の改善が見られない場合には、生物学的製剤や白血球除去療法、そして切開やシートン法などの外科的治療を検討します。

裂肛に関しては 保存的治療で効果が見込めますが、単純型低位筋間痔瘻(ていいきんかんじろう)は、瘻管(ろうかん)開放術や瘻管くり抜き法が必要になります。また、瘻管が複雑な場合、瘻管開放術やシートン法を組み合わせた治療も検討されます。シートン法は、痔瘻を単純な型にしたり、膿を出しやすくする治療法で、ゴムやシリコン紐を数年に渡って入れておく場合もあります。

さらに、保存的治療や外科的治療でも改善しない、あるいは腹部病変や肛門病変が複雑な場合には、一時的に人工肛門を作る治療を行う可能性があります。

肛門尖圭コンジローマ

肛門尖圭コンジローマとは

肛門尖圭コンジローマとは肛門を中心に小さないぼのようなものができる病気です。いぼ痔の痔核とは違い、小さい突起が多発することが多くなっており、肛門内部にも突起物ができることがあります。ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因となって起こる病気で、この原因ウイルスは子宮頸がんと同じです。痛みなどの症状がほとんどなく、初期にはほんの小さな突起ができるだけなので、かなり進行して大きくなってから見つかる場合も多くなっています。

ほとんどが良性ですが、がん化するものもあり注意が必要です

肛門管内に発生したコンジローマコンジローマの原因となるHPVは150種類近く存在が確認されています。そのうち、肛門尖圭コンジローマの原因の大半は6型と11型のHPVです。肛門尖圭コンジローマは良性腫瘍ですが、16型、18型などのハイリスクのHPVに感染すると、がん化(陰茎がん、子宮頸がんなど)の危険性があり、注意が必要です。
がん化する型のHPVかどうかについては検査でわかります。また、ボーエン病といって、コンジローマと類似した外観をもった皮膚がんの一種も存在します。いぼがかなり大きくなったり、数が増えてきてはじめて受診を考える方が多いのですが、小さな突起でも気づいたらすぐに専門医の診療を受けることをおすすめします。

感染する病気です

同性愛者に特徴的な肛門縁に沿って発生するコンジローマ肛門尖圭コンジローマは、クラミジア、淋菌、梅毒、HIVなどと同じく、性行為によって感染するSTD(性感染症)です。しかし、中には温泉やサウナ、日焼けサロンなどで感染する例も少数ながら確認されています。そのため完全なSTDとは言えません。コンジローマはパートナーにも感染します。しかも自然治癒することなく増殖していきますので、積極的に治療する必要があります。また、アナルセックスによる感染では、肛門管の奥深くまでコンジローマが認められるケースが多く、加えて全周性に多数存在する傾向にあります。これは多数の細かなキズから感染するためです。なおかつウイルス量が多く、再発率も非常に高くなります。

肛門尖圭コンジローマの特徴

潜伏期間 平均3ヶ月(数週間~8ヶ月程度)
外観 はじめは小さないぼ状の突起ができます。次第に大きくなり、カリフラワーや鶏のトサカのようになっていく場合も
あります。 色は白、ピンク、茶、褐色、黒などがあります。
大きさ 直径1㎜~1㎝大まで、さまざまです。
個数 基本的に多発します。
発生部位 肛門周囲~肛門内まで (同時に亀頭や膣などに病変を合併していることもあります。)
種類 肛門がんを発生する可能性のある高リスク型、コンジローマのみ発症する低リスク型の2タイプがあり、
検査で識別可能です。
症状 初期段階では通常、症状はありません。突起が大きくなると肛門周囲がジメジメする、
臭う、かゆみがあるなどの症状が現れます。がん化する可能性もあるので注意が必要です。

肛門尖圭コンジローマの治療法

薬物治療

クリームの専用外用剤(一般名イミキモド、製品名べセルナクリーム)を塗布します。これは、肛門周囲の皮膚に発症したコンジローマに限って有効です。強力な薬ですから、就寝前に塗布し、翌朝にはよく洗い流す必要があります。また、周囲の正常な皮膚に影響を与えないよう、慎重に塗布する必要があります。塗布頻度は週3回です。肉眼では確認できないほど小さなものも治療できることがメリットです。副作用では、肛門周囲の皮膚炎、表皮剥離といった皮膚障害が起こる可能性があります。また、筋肉痛やインフルエンザ様の発熱を認める場合があります。副作用が強い場合は外科的治療を行います。

外科的治療

主に以下の4種類の外科的治療法があります。

  1. 電気焼灼⇒高周波電気メスで、コンジローマを焼きます。
  2. 外科的切除⇒メスまたはハサミでコンジローマを切除します。
  3. 凍結療法⇒液体窒素でコンジローマを凍らせます。
  4. レーザー療法⇒レーザーでコンジローマを焼きます。

当院の治療では、電気焼灼と外科的切除を組み合わせた外科的治療を行っています。内容は、まず切除して、目に見えないものを残さないように辺縁を焼きます。この際、できるだけ焼き過ぎを避け、必要最小限の焼灼にとどめて瘢痕化しないよう注意しながら行っています。

外科的治療の適応となるのは、外用剤により皮膚障害を起こしてしまう、あるいはコンジローマが大きくなり過ぎた場合です。肛門周囲に数個であれば、局所麻酔を用いた治療対象となります。肛門内の奥深くまで発症しており、外用剤が使用できない場合にも外科治療が必要です。ただし、肛門奥深くまで広がる病変の処置には、肛門括約筋を弛緩させる必要があり、手術室で仙骨硬膜外麻酔などをかけた上で行います。

日帰りの手術も可能ですが、症状や治療面積によって回復までの日数は異なってきます。手術後は痛み止めが処方されます。早ければ翌日から仕事復帰できますが、一般的には数日間の自宅安静が必要です。

肛門尖圭コンジローマの注意点

治療中の性行為は禁止です。また、サウナや大衆浴場も控えます。さらにバスタオルからの感染リスクもありますので、共有しないようにします。
肛門尖圭コンジローマが他の人に感染する病気であることを知らない人もたくさんいます。また、パートナーへの感染率は高率です。症状がなくても専門医の診察を受けるように勧めましょう。

肛門尖圭コンジローマの再発について

原因がウイルスですから、外科的治療で見えるものを全て取り去っても約30%の患者さまに再発するとされています。数個の再発の場合には、外来診察時に追加切除や焼灼が可能です。まれに一気に広がってしまう場合もあり、何回も切除が必要になることもあります。その他完全に治癒したと思っても治療後半年ぐらいまでは経過観察が必要であるなど、術後も注意が必要です。

血栓性外痔核

血栓性外痔核 (けっせんせいがいじかく)とは

重いものを持ち上げたり、長時間の立ち仕事などで肛門がうっ血すると血栓が形成されます。その血栓によって腫れあがったいぼ状のものが血栓性外痔核です。あるとき急に腫れあがるので、トイレやお風呂で気づくことが多い病気です。血栓とはいわば血豆のようなものです。

血栓性外痔核の特徴

急激に腫れあがります。通常、静脈炎をともなうため痛みますが、違和感のみの場合もあります。痛みのピークは2~3日で、そこから徐々に痛みは引いていきます。硬く膨らむため、肌や下着に擦れて出血を起こす場合もあります。基本的に自然に吸収されていきます。発症早期に治療を開始したものや小さな病変では1週間程度で消えてしまいます。大きいものでは数か月かかることもあります。

血栓性外痔核の治療

痛みを抑え、血栓を吸収させるために軟膏を塗ります。軟膏は主に注入タイプのものを使用します。肛門内と直接血栓にも塗布します。痛みが強いときや大きな病変、硬い血栓、出血している場合には手術にて血栓を摘出します。通常、局所麻酔を用いて、10分程度で切除することが可能です。そのため日帰りでの外来手術で行われることがほとんどです。

注意点として

  1. 触れないようにしましょう
    痛みがある場合だけでなく、痛みが引いてからもできるだけ触らないようにしましょう。特に、表に出てきてしまっているものを無理に中に入れようとすると腫れあがって痛みが出てくる可能性があります。表に出てきてしまうのは、外側が腫れているケースが多く、こうしたものは無理をしても中に収めることはできません。腫れが外にあるのは居心地が悪いと思いますが、押し込むと悪化させてしまうので触らないようにしましょう。
  2. 冷やさず温めましょう
    腫れがあると冷やしたくなると思いますが、血栓性外痔核では冷やすのがNGです。原因に冷えが関係している場合も多いため、冷やすと症状の悪化を招くことが多いのです。温めることは血液の循環を促し、血栓を早く溶かしてくれるだけでなく、痛みの緩和にも役立ちます。夏でも毎日、お風呂でじっくり芯まで温まり、冬場であればカイロをおしりに当てるなどして冷やさないようにしましょう。
  3. 横になる時間を増やしましょう
    座りっぱなしや立ちっぱなしは肛門に負担をかけます。できるだけこまめに横になる時間を持つようにすると症状が緩和しやすくなります。

血栓性外痔核になる原因やきっかけ

  1. 便秘や下痢による過度のいきみ
  2. 立ちっぱなしや座りっぱなし(長時間のデスクワークや立ち仕事、長距離の運転、飛行機での移動など)
  3. 重いものをもつ(引っ越しの作業など)
  4. 運動(ゴルフやテニスのスイング、過度の運動など)
  5. 飲酒(飲みすぎた場合)
  6. 妊娠、出産(俗にいう妊婦さんの痔とはこれのことです。)
  7. 冷え

こうしたきっかけにより、急激に肛門付近の血流が悪化し、とどこおった血液が固まって血栓になります。例えると何台もの車による追突事故のような状態です。

よくある発症の仕方に、急に違和感を感じて触れてみると、イボ状のふくらみに気づきます。その後、違和感が痛みに変わっていく。といった流れがあります。この時に、脱出した内痔核と間違えて無理に肛門内に押し込もうとしてはいけません。症状を悪化させてしまうケースも珍しくないので注意しましょう。炎症がひどくなれば治癒するまでの時間も長くかかります。

再発防止と予防

肛門に負担をかけることを繰り返すと、何度も血栓性外痔核になってしまいます。血栓ができる場所に決まりはなく、一度なったから癖になるということではありませんが、肛門に負担をかける生活習慣を見直すことで再発しにくくなります。

血栓性外痔核だけでなく、肛門の病気は血流の悪化が関係していることが多いので、身体を冷やさないよう心がけ、夏でも毎日入浴して芯まで温まるようにしてください。

直腸脱

直腸脱とは

直腸が肛門から飛び出してくる疾患であり、高齢の女性がなりやすい病気ですが、若年層や幼児などに起こることもあります。脱出する腸の長さなどはそれぞれ異なり、長い場合は10~20cmも垂れ下がることもあります。また、ほんの少しだけ直腸脱がある場合、下着が汚れやすい程度に感じているケースもあります。ある程度の長さがあれば自分で気付きやすいのですが、初期には痛みなどの症状がないため、受診が遅れるケースがよくあります。進行すると強い痛みが出たり、下着にこすれて出血や感染を起こす可能性があります。内痔核と紛らわしい場合もありますので、肛門に違和感があったら専門医を受診しましょう。

直腸脱の症状
  • 残便感がある
  • 下着が汚れやすい
  • 腹部に違和感がある
  • 排尿しにくい
  • いきんだり、歩いたりすると脱出してくる
  • 下着に血がついている
  • 便失禁や排便困難がある
  • もどしても、またすぐ脱出してしまう

重い症状が現れる「かんとん直腸脱」

脱出した直腸が大きく腫れ、戻らなくなった状態が「かんとん(嵌頓)直腸脱」です。多くの場合、強い痛みがあり、下着などにこすれて出血も起こります。

直腸脱の原因

直腸脱は患者さまの9割以上が70~80代の女性です。肛門の周りにある肛門括約筋や肛門挙筋などは「肛門のしまり」を調整する機能を持っていますが、加齢などでこの機能が低下することで、肛門の少し奥にある直腸の粘膜や、直腸壁が反転して肛門から脱出します。多くは排便時のいきみで肛門から腸が直接脱出します。便秘などで長時間、強くいきむ習慣があると直腸脱になりやすいと言えます。
少ないとはいえ、若い男性がなりやすい直腸脱もあります。直腸の奥にあるS字結腸が長いと直腸脱になりやすく、直腸の角度も関係しています。こうした要因があって排便時に強くいきむ習慣があると直腸脱のリスクが上がります。

またごくまれに小児の直腸脱が起こる場合がありますが、これはほとんどが肛門括約筋や肛門挙筋などの筋肉の発育不全によるものです。小児の場合には、排便時に腹圧をかけないようにして、便秘にならないよう食生活に気を付けるなど生活習慣を改善して発育を待つ治療が一般的です。

直腸脱の検査と診断

実際に脱出しているものを観察することが確実な診断につながります。そのためいぼ痔と紛らわしい症状がある場合には、腹圧をかけて脱出させて診断することもあります。
肛門内圧検査、排便造影検査、怒責診断、骨盤MRI、大腸がんと見分ける大腸内視鏡検査などを行って、肛門括約筋の収縮力の低下などもしっかり確認します。

直腸脱の治療

手術による外科治療が最も適しています。肛門側から行う手術と、おなか側から行う手術があります。脱出の程度が軽い場合は、腰椎麻酔や局所麻酔で行うことができるため身体への負担が少ない肛門側からの経肛門的手術が選択されます。大きく脱出(5㎝以上)している場合、全身麻酔をかけて、開腹しておなか側から直腸を引っ張り上げる経腹的手術を行います。これは腹腔鏡を使った低侵襲性の手術も可能です。
しかし、患者さんの大半を高齢者が占めます。全身麻酔がかけられないことも多く、全身状態も考慮して治療法を決めます。

経肛門的手術

デロルメ法

脱出している直腸の粘膜をはがし、筋肉を縫い縮めて脱出を解消します。

三輪-Gant法

脱出した直腸の表面粘膜をつまんで吊り上げ、糸を通して縛ることで脱出を解消します。

経肛門的手術は、高齢者にとっても比較的安全な手術ですが、肛門括約筋などが加齢によって弱っているため、手術の有効性や再発率などを考慮した上で治療方針を決めていきます。

経腹的手術

おなか側から直腸を引っ張り上げ、特殊な医療用メッシュを用いてそれを腰の骨に固定します。経肛門的手術より再発率は低くなります。もともと全身状態の悪い方が多いため、腹腔鏡下での手術が多くなっています。

手術後のトレーニング

手術を受けることで肛門括約筋の機能はある程度改善するケースが多いのですが、直腸脱の手術後には、肛門括約筋の筋力トレーニングを行って脱出しにくい機能を強化することが望ましいとされています。

再発

高齢の場合、手術を受けて脱出した直腸を戻しても、肛門括約筋などが加齢によって弱くなっているので再発するケースもあります。手術方法により再発率は違ってきますので、再発リスクについてもしっかり理解してからどの手術が最適かを考えましょう。

肛門掻痒症

湿気や便の拭き残しなどから誘発される肛門のかゆみの総称です。原因もなくかゆみが起こる場合もあります。かきむしると肛門周囲炎に発展します

肛門周囲炎

肛門周囲に皮膚炎を起こした状態です。お尻をかいたり、強く拭きすぎたことによっても発症します。痛かゆさが強く、夜間に目が覚めることもあります。病悩期間が長い方などは、真菌(カビ)が検出される場合もあります。

肛門周囲膿瘍

痔ろうの最初の症状である肛門周囲膿瘍は、膿がたまってくると、激痛をともない、座ることもできなくなってきます。38度以上まで熱が上がることもあります。放っておくと膿のたまりはどんどん広がってしまうため、早めに膿を出す必要があります。麻酔下に切開排膿を行います。膿が出てしまえば、不思議なほど痛みが引いていきます。しかし、その後に痔ろうを形成しますので、痔ろう根治術を行うことがほとんどです。

単純性ヘルペス

ヘルペスウィルスの感染が原因で起こります。性感染症の場合もあります。疲れた時など、体の抵抗力が落ちると、肛門周囲に水泡が多数できてきます。強い痛みを伴います。

膿皮症

汗腺(汗を出す器官)に細菌が感染して起こる病気です。ほとんどが成人男性の臀部に起こり、皮下膿瘍として発症します。お尻におできのような腫れができ痛みを伴います。自然に破裂して膿が出ると症状が改善しますが、一旦、化膿巣が沈静化したにすぎず、時々再燃を繰り返します。やがて皮膚は黒く色素沈着を起こし、広がっていきます。

直腸瘤

直腸膣壁弛緩症とも呼ばれます。直腸と膣の間の壁が弱くなり、排便の際に息むと直腸が膣側に膨らんできます。便秘や便がひっかかる感じ、膣が膨れてくるといった症状があらわれます。

毛巣洞

毛深い男性に多く、尾底骨周囲に毛髪を包んだ膿のたまりを作る病気です。毛が皮膚の下に潜り込んでしまい、そこで細菌が繁殖することが原因です。

乳児痔ろう

文字通り、乳児におこる痔ろうです。成長するにつれ、自然に完治することが多いので、処置は腫れたときに切開を行います。完治しない場合は、一般的に中学生以降に手術を行います。

メールでのお問い合わせ
おおさわ胃腸肛門クリニック当院の口コミを見る当院の口コミを書く