切れ痔

おおさわ胃腸肛門クリニック痔の日帰り手術NAVI

切れ痔(裂肛)の特徴

切れ痔(裂肛)

切れ痔(裂肛/さけ痔)は、肛門の出口付近の皮膚が切れている状態です。原因は、太い便や硬い便、下痢で勢いよく便が通過することによります。肛門内部の粘膜と違い、歯状線より外側にある肛門上皮は皮膚であり、痛みを感じる知覚神経が通っているため、切れ痔には強い痛みがあります。

痔の中でも、切れ痔は女性に多くなっています。女性は便秘になることが多いため、それに関連しているとされています。また、食事量が少ないと便の量が少ないため便意を感じにくくなり、便秘になりやすく、便秘になると便は硬く、排泄しにくくなります。排泄しにくい硬い便が無理に肛門を通過することで、肛門上皮が裂けてしまうのです。

慢性化し、排便時に強い痛みをともなうようになると、排便が怖くなり便を我慢する傾向になります。すると便秘になり、便は硬くなります。これが肛門を通る際にまた肛門を傷つけてしまい、さらに強い痛みとなってしまうのです。このような状態が続くと、キズは次第に硬くなり、肛門が広がりにくくなります。そしてさらに切れやすくなり、強く痛むのです。最終的には便が通らないほど狭くなってしまいます。このような悪循環を切れ痔の悪化サイクルといいます。

切れ痔(裂肛)の主な症状

排便時の痛みと出血が代表的な症状です。痛みは感じない方もいれば、強く痛む方までいます。出血はトイレットペーパーに付く程度から便器が真っ赤に染まるまでさまざまです。切れ痔における問題点は痛みと肛門が狭くなることです。慢性化してキズが治りにくくなってくると、徐々にキズが深くなっていきます。肛門上皮だけでなく、内肛門括約筋まで裂けてしまいます。すると、この筋肉がけいれんを起こし、痛みが排便後まで持続するようになります。ひどい方では半日続くこともあります。ここから「切れ痔(裂肛)の特徴」の中で説明した悪化サイクルに発展していきます。

急性裂肛

急性裂肛

    • 排便時に痛んだり、出血したりするもの。
    • 便秘した時や硬い便をした時に起こる。
    • 数日で改善することが多い。
慢性裂肛(初期)

koumon02_2

    • 排便時の痛みが排便後も持続するようになる。
    • 同じ場所が何度も切れることにより、キズが深くなり、潰瘍になります。
    • キズが治りにくくなってきます。
慢性裂肛(晩期)

 koumon03_2=

    • キズの内側に肛門ポリープ、外側にみはりイボが形成されます。さらに悪化すると肛門が硬くなり、肛門狭窄が起こります。

切れ痔の手術

手術慢性化していない切れ痔であれば、基本的に塗り薬を使う治療を行うことで治りますが、便秘や下痢が改善されないと切れ痔が慢性化してしまいます。慢性化した切れ痔は、肛門周辺の皮膚が線維化し、瘢痕(はんこん)化して皮膚部分が狭まって便を出しにくくします。線維化、瘢痕化を起こした皮膚には伸展性がないため、手術によって肛門を拡張する必要があります。

用指肛門拡張術

肛門括約筋が過度に緊張することで、激しい痛みを起こしている際に行う手術です。麻酔を行って、肛門括約筋の過度の緊張を緩めるために、指を使って肛門を拡げて症状を改善します。日帰り手術が可能です。

側方皮下内括約筋切開術(LSIS)

側方皮下内括約筋切開術(LSIS)

肛門括約筋による過度の緊張が、切れ痔を繰り返す原因になっている際に行う手術です。肛門括約筋の一部をメスで切開することで緊張を解消し、切れ痔の慢性化を改善します。肛門ポリープを併発している際には、同時に切除もできます。日帰り手術が可能です。即効性があり直後から効果が表れますが、再発のリスクがあること、合併症として便失禁があります。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

慢性化した切れ痔で、深い溝のようになって治りにくい状態となっている場合に行います。裂肛切除術で切れ痔を切除し、肛門ポリープや見張りいぼが併発している場合は同時に切除します。肛門括約筋の緊張が過度である場合には、側方皮下内括約筋切開術(LSIS)手術も行うことで慢性化を改善します。日帰り手術が可能です。

皮膚弁移動術(SSG)

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

線維化・瘢痕化した部分を裂肛切除術で切除し、欠損部分に近くの皮膚を移動させて、覆いかぶせます。肛門が狭まっていた状況が改善されますので、慢性切れ痔の症状も改善します。日帰り手術が可能です。

手術費用について

切れ痔の治療は健康保険や国民健康保険が適用されます。
症状などにより異なりますが、目安となる金額をご紹介します。
3割負担の場合の費用です。

手術内容 手術費用
切れ痔の手術 約20,000円~約30,000円
メールでのお問い合わせ
おおさわ胃腸肛門クリニック当院の口コミを見る当院の口コミを書く